Top>Movies>劇団ハッピーエンド ~下北LOVERとマジカルミラー・アドベンチャー~

劇団ハッピーエンド ~下北LOVERとマジカルミラー・アドベンチャー~

『劇団ハッピーエンド ~下北LOVERとマジカルミラー・アドベンチャー~』

劇団ハッピーエンド ~下北LOVERとマジカルミラー・アドベンチャー~

制作期間:2009年10月~2010年5月
中編映画
DV/58分

スタッフ・キャスト

監督・脚本:堤真矢

音楽:川尻大輔
【出演】
野田慈伸
青木五百厘
田中孝典
保田潤
山谷隼人
ほか

あらすじ

 弱小学生劇団「劇団ハッピーエンド」は、大学卒業で団員が激減し、いまや残すところ3人だけになってしまった。フリーターになった主宰の佐々木。佐々木に頼まれて残った中川。留年した権田。ある夜、3人は権田の部屋で次回公演の台本の話をするが、佐々木と中川はお互い、自分の作品を上演したいと譲らない。彼らの口論は次第にエスカレートし、2つの物語世界までも巻き込んで思わぬ方向へと向かっていく…。

  • 劇団ハッピーエンド ~下北LOVERとマジカルミラー・アドベンチャー~画像1
  • 劇団ハッピーエンド ~下北LOVERとマジカルミラー・アドベンチャー~画像2
  • 劇団ハッピーエンド ~下北LOVERとマジカルミラー・アドベンチャー~画像3

作品解説

 東京に来て最初に作った作品です。

 この頃から演劇関係の方に知り合いが増え、演劇人の愛らしさとかあほらしさとかが描けたらいいなと思って作った作品です。前作までの複数の時間軸の表現から一歩進めて、「劇中劇」という形で、映画と演劇の融合みたいなことをやりたかったのですが、これは難しい。結果的には映像の面白さと舞台の面白さ、どちらも活かしきれず、もったいなかったです。また、不慣れな劇パートの撮影では本当に勝手がわからず、スタッフの皆さんにお世話になりっぱなしでした。

 また、当時重かったり暗かったりという作品が続いていたので、軽い作品を作ってみたい、という思いもありました。でもこの作品をやって、自分はおちゃらけるのは苦手だと確信しました(笑)。そういう意味でも勉強になりました。

 かなりの珍作ではありますが、この作品に出てくる3人は結構好きで、劇中劇の手法もこの作品を作り終えたことで色々と改善点が見えてきたので、何らかの形でリベンジしたい題材です。次こそは映画と演劇の“幸せな”融合をめざして!